タクシードライバーの仕事とは

タクシードライバーのメリットとは

運転者の高齢化、観光客の増加などによってタクシードライバーは人材不足だと言われています。そんなタクシードライバーとはどんなお仕事なのでしょうか。やりがいはあるのでしょうか。メリットとデメリットの両面から考えてみたいと思います。

タクシードライバーのお仕事は朝、営業所に出勤して車を点検→決められたエリアで営業、状況に応じて待機→営業所に戻り勤務終了、というサイクルです。日勤、夜勤などありますが、1日勤務して1日休む隔日勤が一般的です。その一番のメリットは営業中は自分のペースで自由に仕事ができるという点でしょう。営業所を出てから帰るまでの間、疲れたら休憩することも可能ですし、1日勤務の場合は仮眠をとることもできます。いろいろと試行錯誤してじぶんなりの営業スタイルで働くこともできます。ただし、給与は歩合制なのである程度結果を出さなければ収入は限りなく落ち込みます。また、営業車でパチンコや映画に行くなどするのはさすがに怒られます。あと高齢になってもできる仕事だということ。さらにタクシードライバーといえば長時間拘束されるというイメージが先行してしまいますが、実は残業がないという点もメリットとして挙げられます。

何より自由度が全然違う

デメリットとしては事故やお客とのトラブルなどのリスクがあることでしょう。ただし、会社によっては営業中の事故に関しては補償の制度を設けている会社もあるので、いざというときでも安心です。また、お客様にはいろいろな人がいますが、最低限失礼のないような受け答えを心がければ、トラブルもぐっと少なくなるといいます。あとよく聞かれるのが、ずっと運転席に座っているので腰を悪くするという話です。これはドライバー全般職業病といってもいいでしょう。

転職した経験者の話などを聞くと、サラリーマン時代と比べると何より自由度が全然違う、といいます。お客様を乗せていないときはずっと一人ですから、職場の人間関係に悩まされることがまったくないのだそうです。また、お客様相手の仕事とはいえ、最低限の敬語とやりとりでできる仕事なので接客業としてはハードルが低いともいえます。もちろんお客様が何を望んでいるのかということへの想像力は課題として身につけていかなければなりませんし、お金のやり取り、時間の管理などはしっかりとできる必要があります。だから、「これまで人間関係が苦手で接客業はちょっと……」という人にも可能な接客なお仕事とも言えるでしょう。もちろん、もともと人好きの人にはやりがいのある仕事です。