宅配ドライバーの仕事とは

宅配業界は入りやすい?

近年、ネットショッピングやフリマサイトの利用がふえ、宅配業界の市場規模はますます拡大しています。慢性的に人手不足と言われ、働き方改革の最前線としても注目されている宅配というお仕事ですが、実際はどうなっているのでしょうか。

宅配の仕事は同じ運送業でも長距離トラックなどの仕事と違って、扱う荷物が比較的小さく、運ぶ距離が短いことと範囲がある程度決まっていることが特徴といえます。従って体力の必要な仕事ですが、女性や高齢の人にもできる仕事です。また、大型など特殊な免許は必要ありません。普通免許だけで仕事ができるので、就業へのハードルは低いです。さらに、就職では売り手市場の業界ですから初心者大歓迎の求人が多いです。初心者向けの研修制度がきちんと整っている会社も多いので、そのあたりをチェックしてみてもいいでしょう。

もう一つ、宅配という仕事の大きなメリットとして忘れてはならないのが、その収入の高さです。給与体系は会社によって月給制や歩合などさまざまですが、ある会社の宅配ドライバーの月収は29万~43万円という数字があります。これは未経験者でも狙える数字だそうです。それなりの忙しさはある業界ですが、これだけの高収入ならやりがいはありますね。

「お客様相手」の仕事

デメリットとしては、荷物を運ぶ範囲が決まっているので新しい刺激がなかなかないことです。しかし、それは逆に毎日のルーティンが決まっているほうがいい人にとっては嬉しいことだともいえます。また、勤務時間帯は朝の9時ごろから夕方5時~6時というのが一般的ですが、1日に配達する荷物の数が決められていて、それが終わるまでは帰れません。お中元やお歳暮などの繁忙期はもちろんですが、不在のお宅があって再配達に行かなければならない場合などは勤務時間が延びることがあります。お客様相手の仕事なので、ある程度お客様の都合に合わせることが要求されるのです。 しかし、「お客様相手」というのは宅配という仕事の大変な点ですが、面白い点の一つでもあります。運送業というと一人寂しく黙々とハンドルを握っているイメージがありますが、荷物を受け取ったり、届けたりするのが宅配のお仕事です。いつも決まった範囲で集配作業をしていれば、顔なじみになるお客様もできることでしょう。そういったお客様とのコミュニケーションを通して楽しく働けること、自分ならではのサービスというやりがいを見いだせることも、この宅配という仕事の魅力の一つではないでしょうか。

運転手の求人には、車両のサイズや運搬距離などの選択肢があります。また、物品輸送だけでなく、バスやタクシーなどの人員輸送の求人もあります。