トラックドライバーの仕事とは

大切な荷物を安全に客先まで運ぶ

トラックドライバーといっても、軽や小型、中型や大型などトラックの大きさは様々で、それぞれの走行距離も異なりますが、それらのトラックドライバーに共通する仕事は、依頼された大切な荷物を安全に客先まで運ぶことです。一見、ただ荷物を運ぶだけなら簡単なように思えるかもしれませんが、大切な荷物を傷つけたりすることがないよう、周囲の状況をしっかりと把握し、急ブレーキや急加速を避け、段差による車体の揺れなどを軽減するような高い運転技術が求められます。車体の大きなトラックであれば当然死角も多くなるので、道幅の狭い道路や人が多く行き交う交差点での右左折時には、より慎重な運転が求められます。

普段車を運転する人はもちろん、トラックドライバーにとっても交通事故はあってはならないことです。事故を起こしてしまえば相手だけでなく、荷物を依頼したお客様、自身の会社にも迷惑をかけてしまうことになります。そのためトラックドライバーにとっては安全運転も仕事の一つといえるでしょう。また、自身が事故を起こさないように注意するだけでなく、車間を詰めたり、スピードを出して走るような車を避けるなど、積荷や自信を守るための運転を心がけることが大切です。

時間厳守!時間や体調を管理する

トラックドライバーは、客先まで荷物を安全に運ぶことはもちろん、決められた時間までに荷物を運ぶことが求められます。ルート配送でスーパーやコンビニなどを周る場合には、決められた時間までに荷物が届かなければお店側は売る商品が揃わず、その日の売上に影響が出てしまいます。損害賠償を請求されるような自体にもなりかねません。自身や会社の信用を損なってしまうような事態を避けるためにも、トラックドライバーは運転する時間や休憩する時間の管理をしっかりとし、渋滞状況を把握したり、混みそうな時間帯を避けて運転するなどの工夫が必要になります。

また、トラックドライバーは荷物の積み込みや荷下ろしなどを行うこともあり、体力勝負の仕事でもあります。じっと座りながら運転するドライバーにとって体を動かすことは良いことですが、重い荷物やたくさんの荷物の積み下ろし作業は腰など体に負担がかかります。中、長距離トラックのドライバーであればさらに、集中して運転し続ける精神力も必要になり、途中の休憩や睡眠時間の確保など、自身の体調を考えながら運転する必要があります。このようにトラックドライバーは法定速度を守りながら時間、体調を管理しながら荷物を運ぶのが仕事となります。

トラックドライバーの募集が数多くある中、比較するうえで大切なポイントは勤務時間、給料形態、事故を起こしてしまった時の保証、福利厚生です。